子供の生命保険には、子供保険と学資保険がある

子供の生命保険には、子供保険と学資保険の2種類があり、それぞれ目的が異なっています。今は学資保険が一般的です。

子供の生命保険には、子供保険と学資保険がある

子供の生命保険には、子供保険と学資保険がある

子供に関わる生命保険には、学資保険と子供保険の2種類があげられるでしょう。保険会社によって同じ意味に捉えられるところもありますが、もともとは異なります。
学資保険とは、教育費のための資金積立を目的としています。
子供が大学受験、大学入学の際に大きな費用がかかると考え、、満期年齢を高校卒業時に合わせる場合が多いです。
中学受験、高校受験などのタイミングでも、ある程度の給付金が支給される学資保険もあります。
保険契約者である親が死亡したり就業できない場合に、支払義務が不要になったり、死亡保険金が子供に入るなど、親に万が一の際に子供にお金を残せるというメリットがあります。
子供保険は、子供が万が一死亡したり、病気・ケガをした場合の医療費を確保するためのもので、普通の大人が加入している医療保険、死亡保険と同意の保険です。
また、子供が他の子供にケガをさせてしまったときに保障する子供保険もあります。
このように、学資保険は教育資金を目的とし、子供保険はあくまでも子供の身の回りについての保障を目的とした保険ですが、最近はお互いに保障の幅を広げている動きもあるようです。
学資保険の中には、医療保険としても保障できるものや、子供保険の中でも教育資金に備えるための保障が充実しているものもあります。


ただし、子供保険に付属している学資保険であれば、返戻金の率は学資保険に劣りますし、反対に、学資保険に医療保険などが付属している場合には、それにより返戻金が少なくなってしまいます。
個人的な見解ですが、子供にかける生命保険に関して、教育資金の積み立てという目的が明確なのであれば、学資保険に限って加入すれば十分と思われます。
実際に、保険代理店の経験がある人の話では、子供保険を勧めることは少なく、学資保険はかなりの人が既に検討しているために、容易に契約までこぎつけることができるとのことです。
そんなわけで、子供保険に比べると学資保険に加入している両親が多いのが現状です。

Copyright 2015 子供の生命保険には、子供保険と学資保険がある All Rights Reserved.